ハーズバーグが提唱した職務満足および職務不満足を引き起こす要因に関する理論。
 ある特定の要因が満たされると満足度が上がり、不足すると満足度が下がるというのではなくて、「満足」に関わる要因と「不満足」に関わる要因は別のものであるとする。
 満足に関わるのは、「達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「責任」「昇進」など。これらが満たされると満足感を覚えるが、欠けていても職務不満足を引き起こすわけではない。これらは「動機付け要因」とされた。
 不満足に関わるのは「会社の政策と管理方式」「監督」「給与」「対人関係」「作業条件」など。これらが不足すると職務不満足を引き起こす。満たしたからといっても満足感につながるわけではない。単に不満足を予防する意味しか持たないという意味で「衛生要因」と呼ばれた。
 動機付け要因は、マズローの欲求階層説でいうと「自己実現欲求」「自尊欲求」さらに「社会的欲求」の一部に該当する欲求を満たすものとなっている。
 一方の衛生要因は「生理的欲求」「安全・安定欲求」と「社会的欲求」の一部の欲求を満たすものとなっている。
 

参考文献「経営戦略・組織辞典」(東京経済情報出版)

「ハーツバーグの動機付け要因・衛生要因理論」を
キャリア開発に、人事制度にどう活かすのか?
キャリア指向人事制度の考え方は こちら (元のサイトに戻ります)