内的キャリア重視のキャリア開発
 内的キャリアとは何か
キャリアを捉える二つの視点

 キャリアを考える上で留意しておきたいのは、「外的キャリア」と「内的キャリア」の二つの視点、視座から考えるということです。

 では、内的キャリアとは何でしょうか?
 簡単にいうと「働くこと、生きることに対する価値観」であり「働くこと、生きることに求める意味、意義」ともいえます。
 もっと言葉を絞っていうならば、働きがいであり生きがいです。
 これにたいして、どんな仕事をしているのか、その仕事の名前や内容が「外的キャリア」に当たります。
 
 たとえていうならば「外的キャリア」とは衣装であり、「内的キャリア」はそれに対する好みであり、そこに込める意味といえます(内的キャリアについては「キャリア開発/キャリア・カウンセリング」(生産性出版)でさらに詳しく説明しています)

 なぜ外的キャリアだけでなく内的キャリアについても考える必要があるのでしょうか?
 同じ職場で同じように仕事をしていても、楽しそうに充実感を感じながら働いている人もいれば、辛くて辛くて機会さえあればやめたいと感じながら働いている人もいるでしょう。
 このことは仕事の違いだけでは説明できません。その仕事及び環境に対して意味や意義を感じているかいないか、感じられるか感じられないかの違いです。つまり、その人がどう捉えているか、その人の内的な価値観、内的キャリアの問題といえます。

 キャリア開発を勧めていく上で、自己理解が基本となりますが、この時にどのような知識や経験を持っているか、なにができるか、どんな資格を持っているかということだけでなく、「どのようなことに働きがいを感じるか」「働く上でのモティベーションの源は何か」「生きていく上で働くということをどのように捉えているか」「そもそもどのようなことに生きがいを感じるのか」「どのような人生を送りたいと思っているのか」といった生きること、働くことに対する意味や意義をどう捉えているかについても考えておきたいものです。

 内的キャリアは変わる
 働く上で、生きていく上での価値、意義が内的キャリアと説明しました。
 では、内的キャリアはどのように形づくられていくのでしょうか?

 小さな子供たちに「将来何になりたい?」と聞くと、「おまわりさん」「大工さん」「宇宙飛行士」「お花屋さん」「ケーキ屋さん」「先生」などなど、さまざまな答えが返ってきます。そして、「どうして?」と尋ねると「かっこいいから」とか「かわいいから」とかなにがしかの理由を話します。
 実際ににやったことはないのですから、どのような働き方をするのか、本当のところどのように面白いのかはやってみないと分からないと思います。お父さん、お母さんの様子を見ていっている子もいるでしょうし、これまでの体験の中からこたえているのでしょう。それでも、子供たちはどのようなことに関心を持っているのか、それはなぜなのかを垣間見ることができます。
 これらは内的キャリアの萌芽といって良いのではないでしょうか。

 そうして大きくなっていく過程でさまざまなことを学び、また自分が実際に出来ることと出来ないことを知り、また興味関心の対象も変化したり分化したりしていくうちに、つまり内的キャリアが、それと意識していないうちに変化し、それに合わせてなりたい仕事、つまり外的キャリアも変化していると考えることができます。

 この変化は就職してからも続きます。
 なにせ、実際に仕事をしてみないことには分からないものというものがあります。
 それまでは興味を持っていなかったので目も向けなかっただけで、やってみると面白かったということは少なくありません。その意味では、自分なりに確信を持つまで内的キャリアは変わり続けるといえるでしょう。
 
 次は「なぜ内的キャリアに注目するのか
 個人が考えるわけに戻る