どうやってキャリアを考えるか
 自分で自分のキャリアを考える。
 自分のことなのだから自分で考えるしかありません。
 それは確かにそうなのですが、でも、具体的にどうやって考えればよいのだろうと考え込んでしまうことも少なくありません。
 何か手がかかりになるものがあるとすればそれはなんでしょうか?
 そもそもどんな風にして考えればよいのでしょうか? その方法は?

 また、考えられたとして、それが果たして妥当なのでしょうか?
 自分の持ち味を活かせているって、どうやって分かるんでしょうか?
 もしかすると他にもっといいゴールがあるかもしれない。
 本当にこれでいいのだろうか?って、つい思えてしまう。

キャリア開発ワークショップ・CDW
 自分のキャリアを考える方法は、自分ときちんと向き合って考えられる場をつくるか、そこに参画すること。
 既にその方法が確立されているのであれば、まずそこに参加してみて考えてみるとよいでしょう。

 その有力な場の一つが「キャリア開発ワークショップ/CDW」。
 日本で日本人のために開発されたプログラムです。
 日本の文化を背景としながらも、それを所与とするのではなく、
 キャリアとは何か、キャリア開発とは何か
 なぜ個人がキャリアを考える必要があるのか、また組織とどのように共生していくのか、
 具体的にどのように考えるのかを考えつくし、約30年にわたって改良が加えられています。
 そして今もなお、改善が試みられているプログラムです。
 (カリキュラムはこちら

 自分とじっくり対話しながら、自己理解を進めるワークショップ形式となっています。
 自分のことがテーマなので、一人一人のスペースがきちんと確保されています。
 向き合うために宿泊形式となっているが、当然個室が確保されています。

 内容は、ワークシートを使って進める「自己・カウンセリング」と、専門のキャリア・カウンセラーによる「キャリア・カウンセリング」、参加者の同士の関わりの中で進められる「グループ・カウンセリング」−この3つのカウンセリングが同時並行的に進んでいくように設計されています。
 そのなかで、
 「そうか、自分はこんなことがやりたかったのか」
 「なるほど、私がこだわっていたかったのはここだったのか」
さまざま気づきが得られまする。
 こうした気づきを元に、自分のキャリアを考えていくのです。

 キャリア開発ワークショップ/CDWは、日本キャリア・カウンセリング研究会がその著作権を有しており、その品質を担保するため、同研究会が認定したファシリテーターのみが開催できるようになっています。

キャリアデザインコース
 キャリア開発ワークショップ・CDWの開発者らが同じ趣旨を持って開発した通信教育のコース「自ら考え、自ら描く キャリア・デザインコース」もあります。
 ワークショップに参加する機会がなかなか得られない場合にはこれを利用することも一つの方法といえるでしょう。
キャリアデザインコース
日本能率協会マネジメントセンター
 ワークショップではその都度あるいは節目ごとにファシリテーターに確認したり、夕方の時間を使って個別カウンセリングを受けられること、そして他の参加者の話からえらることがありますが、通信教育ではそうした点は期待しづらいでしょう。
 しかし、自分のペースでじっくりと勧められること、そして日常の中で同時進行的に考えられるという点はメリットといえるでしょう。
 またレポートを通じてキャリア・カウンセラーからのフィードバックがあるところも有益です。


自分のキャリアを考えるワークブック
 手順を追って自分のキャリアを考えるためのワークブックです。ワークブック
 さまざまな設問に答えながら自分の軸を確認し、キャリアゴールを見つけていけるように編纂されています。
 ひとりだけでもりようできますが、むしろグループで使った方が効果的です。
 もともとキャリアを考える授業のテキストとして開発されたものでもあるからです。
 グループで進める上での留意点も別冊として添付されています。


 個人で考えるといっても一人きりで考えなければならないというわけではありません。
 かといって、グループディスカッションなどをして決めるというものでもないでしょう。なぜなら、最終的に決めるのはその人個人だからです。
 大切なのはきちんと自分の本音を確認することです。ひとりだけで考えた方がやりやすい人もいるし、他者との話し合いの中で自分の考えや気持ちを内省することができる人もいるのです。
 他者との話し合いという点では、キャリアカウンセリングも有効です。
 キャリア・カウンセラーと話す中で自分の気持ちや考えが整理されていくからですし、またキャリア・カウンセラーからの投げかけでより深く考えることもできます。自分ひとりで考えていると、いつも同じように考えて堂々巡りになったり、選択肢に気づかなかった利するものだからです。
 カウンセリングというと、こころの調子がよくないときに利用するものというイメージがありますが、キャリアカウンセリングはそうした方だけでなく、心理的に健常な状態にある方でもりようできるものですし、むしろ積極的に利用することで、問題状況を回避することも可能になります。
 例えば転職にしても、転職してしまう前、さらには転職を決意する前にも利用したいのです。それによりしなくても良い転職をすることもなくなるからです。転職をしなければ解決しない問題もありますが、その会社の中で解決方法が見つかることも少なくありません。
 また、仕事そのものではなくコミュニケーション上の問題であることもあります。この場合は、転職をしても再び同じ状況になる可能性があります。であれば、ここで転職をするよりはヒューマンスキルをつける方に注力した方がよいのかもしれないのです。
 まずカウンセリングを受けてみる。これも重要なキャリアを考える方法の一つなのです。

 キャリアを考える手がかりは、実は日常の中にあります。
 キャリアに関するワークショップも通信教育も、その日常を丁寧に振り返ってみる、特に内的キャリアの側面から振り返ってみるためにあるといってもよいでしょう。
 その意味では平素の仕事のなかで面白いと感じたり、やりがいを感じたりしたこと、悔しいと思ったり、つまらないと思ったりしたこと、またそうしたときにその理由を立ち止まって考えてみるということが役に立つでしょう。
 
 その一つの方法としてtwitterの提供を始めました。
Internal_Careerをフォローしましょう
 内的キャリアに関わるような質問を、朝、昼、夜1度ずつ投げかけます。
 それをきっかけにお考えになってみてください。
 このtwitterはbotになっています。内容は随時変更されますが、同じ質問が繰り返されることもあります。
 その時々の状態で答えが変わるかもしれません。
 それは変わっても構わないものです。むしろどういう変化が起こったのかを考えてみるとよいでしょう。