そんな先のことは分からない
Q:「キャリアを考えるといわれても、将来何が起こるかなんて分かりません。何が起こる変わらないことを考えても仕方ないのではないでしょうか?」

<こたえ>
 確かに将来どうなるかなんて分かりませんね。
 しかしだからといって考えなくてもよいということにはならないのではないでしょうか?
 分からないのだけれども、他人任せにしないで、できる範囲で自分らしく生き、働いていけるようにしようということなのです。
 そもそもキャリアを考えるということは将来に備えようということでもありません。将来に備えようとするならば確かに何が起こるか分かっておく必要があります。
 キャリアを考えるというのは、こうありたいという将来の自己像を思い浮かべ、そこに到達するように、日々を過ごし、働きかけていくということです。生きていれば、働いていれば、いろんな選択肢が目の前に現れてきます。そのときにどれを選ぶのか、そのことを考えておくことといえるのではないでしょうか? 
 考えて決めるには何らかの判断基準が必要です。その判断基準となるのが、どちらを選ぶとなりたい自分に近づくことができるかということなのです。そうした判断基準がないといつまでたっても選ぶことができません。
 選べないときに、つい私たちは「周りの人はどうしているのだろうか」と自分ではなく、周囲の、あるいは社会の基準に照らし合わせて決めてしまいます。あるいは組織が指示した方向にいってしまいます。そのことが間違っているといっているのではありません。そうした決め方もありでしょう。ただ、その方法だと少なくともなりたい自分に近づいていると保証できません。結果的には自分の思いもよらないところについているかもしれないのです。それも自分が選んだ結果だからと納得するのであれば、他人がとやかくいうことではないのですが、時にそのことを世の中や会社のせいにしてしまいがちなのです。「こんな自分に誰がしたのか!」と。
 自分で選んだからといってその通りになるかどうか分かりませんし、状況によっては選べないことさえあるでしょう。ですから、ありたい自分を考えているだけでその通りになるといっているわけではありません。ただ、考えていないよりも考えている方がそうなる可能性は高いと思うのです。

 一つ留意しておきたいのは、なりたい自分というのは具体的でなければならないというわけではないということです。
 具体的である方が、実現する可能性は高いですし、無駄な努力をすることも少なくなりそうです。目的地がはっきりしていますから、安心して進むこともできるでしょう。
 しかし、実際にはこうなりたい自分というのは描けないこともあります。また知らないものは描くこともできません。

 具体的なイメージを描けないときには、自分なりの価値基準だけを設けておくということも可能です。
 こういうことを大切にして働きたい、こんなことを楽しみにして働いていたい、こんなことを実現できるような仕事をしたい−そんな働く上での価値観を明らかにしておくのです。選択の場面ではその価値観に照らして判断します。
 その結果どこに行き着くかは分かりません。しかし、その都度自分なりの判断基準で意志決定をしたのですから、きっとたどり着くところは自分にとって居心地のいいところになりそうです。またそうではなかったとしても、そのとき時の判断に後悔がなければ、自分なりに納得できるのではないでしょうか。

 目的地をしっかり定めて進む前者が「キャリア・プランニング」だとすれば、後者は、その都度、すこしずつ修正を重ねながらかたちづくっていく「キャリア・クラフティング」といえるでしょう。


 自分の軸が分かるとどんなメリットがあるの?
Q:「就職活動をしていると『自分の軸』を持ちなさいといわれます。自分の軸って何なのでしょう? 自分の軸を持つことにどんなメリットがあるのでしょう」  

<こたえ>
 自分の軸とは内的キャリアのことといってよいでしょう。
 就職を考える上で具体的な職業や職種、つまり外的キャリアを検討することは大切ですが、合わせて内的キャリア、つまり自分なりの判断基準=自分の軸を考えておくことが、職業選択の幅を広げることにつながります。特に学生の方の場合は、世の中にある職業を十分には知らない、検討していないことが多いので、外的キャリアで絞り込みすぎると行き詰まってしまいます。内的キャリアの観点から考えることで、範囲を広げることができます(「なぜ内的キャリアに注目するか」も参考にどうぞ)。

 また、面接などで自分のことを説明する時にもこの自分の軸が手がかりになります。なぜこの会社を、この仕事を選んだのか。この会社、この仕事で何をしようとしているのか、、そうしたことを採用する方としては知りたいところなのです(知識やスキルはある程度テストで分かりますし、なによりそれらは採用した後でも身に着けてもらえるものだからです)。
 自分の軸がはっきりしているということはある種の信頼感にもつながります。会社を選ぶときのことを考えてみましょう。売上や社員数などの事業規模や就労条件はみれば分かります。しかし、その会社がどのような人間観、労働観を持っているのか、社員をどのようにみているのか、事業を通して世の中にどのように貢献しようとしているのか、そうした企業の持つ価値観が不明確だと、何となく信用できない会社に見えませんか? 表面的にはうまく行っているかもしれないけれど、ひとたび何か大きな出来事があると右往左往してしまうような会社に思えませんか?
 これらは経営理念や経営方針として示されるわけですが、それがしっくりする会社、そしてそれが現実の行動として示されている会社に私たちは安心感を覚えます。自分の軸がはっきりしているということは、これと同様のことなのです。
 いくら立派な身なりをしていても、いくら成績優秀でも、考え方がぐらついていたり、どんなポリシーを持っているか分からない人というのは、ここぞというときに信頼できないような気がします。自分の軸がしっかりしているというのは、こうした面での安心感、信頼感にもつながるのです。
 

 ワークライフバランスとの関係
Q:「ワーク・ライフ・バランスとキャリア開発は密接な関係があるといわれますが、どのように関係するのでしょうか? キャリアというよりは現状の育児支援、介護支援の問題ではないでしょうか?」

<こたえ>
 ワークライフバランスを仕事と、私生活を含むそれ以外の時間のバランスと考えるとうまく行きません。なぜならそれらは別々に考えられるものではなく、また対立させて考えるべきものでもないからです。多くのワークライフバランス施策がうまく行かなくなってしまうのは、この対立軸で捉えるからです。対立軸で捉えるから「仕事中心派」と「私生活中心派」との対立を生んでしまうのです。
 もともとこれらは分けられるものではありません。端的にいえば、家庭にいても頭の中が仕事でいっぱいだったり、職場にいても家のことが心配で仕事が手につかなかったりしていることがあるように、それほどはっきり分けられるものではないのです。むしろ分けられないところに難しさがあるのです。
 ワークライフバランスは「Working Life(仕事人生)」と「Total Life(全人生)」とのバランスなのであり、それは今この時点の時間の兼ね合いだけではなく、長い時間軸の中で、そのときの状態に合わせてウエート配分を適切にかえられることなのです。そう考えると、今は独身で自由なる時間はたくさんあるという人にとっても、子供や介護する人を抱えている人にとっても、大きく関係します。その人にとっての最適のバランスがあるからです。ワークライフバランスが実現すべきなのは、一人一人が働きやすい、生きていきやすいバランスの実現なのです。もはや関係のない人というのはいないことになります。誰もが当事者なのです。

 一人一人が働きやすい、生きていきやすいバランスの実現と表現しました。これを実現するためには、育児/介護休業をとりやすくするなどの方策は必要なのですが、それ以前にやっておかないといけないことがあります。それは、当事者、つまり本人はどのような支援が必要なのかということです。夫婦で育児休業が必要な人もいる一方で、むしろ夫が育児をするから妻には働き続けて欲しいという人もいるでしょう。このようにその人ごとにどうしたいのかがはっきりしていないと支援のしようがないのです。つまり、その人自身が自分の仕事人生と全人生をどうしていきたいのかを考えておいてもらう必要があるのです。つまり、自分のキャリアを考えておくということです。ワークライフバランスとはキャリア開発そのものなのです。

 ワークライフバランスもキャリア開発も一人一人に注目することがその基本となりますが、このことはダイバーシティにもつながります。ダイバーシティは国籍や性別、宗教などの面でのマイノリティに焦点が当たりがちですが、基本は一人一人の違いを大切にするということです。一人一人全く異なる存在であるという立場に立つならば、誰もがマイノリティなのですから。
 そうした一人一人の違いを大切にしながらも共通の目的の達成のために力を合わせていく。それがインクリュージョンです。みんな同じなのではなく、ある一定の目的のために力を合わせる。同意を強いるのではなく、合意の元に進めていく。そんな組織、社会を実現したいものです。当然その基本は「個立した個人」にあります。

将来が不安なんですよね
Q:「いろいろと将来のことを考えていると不安で仕方がありません。キャリアを考えるとこの不安はなくなるでしょうか?」

<こたえ>
 その不安はどこから来るのでしょうか?
 不安に感じるのは、これからどうなるかが分からないときであり、しかも多くの場合、よくないことが起きそうだと考えるときです(よいことが起こりそうなら不安ではなく期待が胸をしめるでしょうから)。

 ここで考えたいのは、将来のことが分かると不安はなくなるのか、心に安定はもたらされるのかということです。
 確かに将来のこととが分かると不安はなくなるかもしれません。でもその一方で恐くて生きられないような気もします。なぜなら将来のことが分かるということは、極論を言えばいつどんな形で死ぬかも分かっているということです。その具体的なしに向けて一歩一歩確実に近寄っていくような人生が果たして耐えられるでしょうか? それだけではありません、いつどこで転けるのか、どんな病気にかかるのかも分かってしまうのです。
 いや、いいところだけ分かってくれればいいんだけど、というような虫のよい話にはなりません。いいことも悪いことも分かってしまうというのが将来が分かるということなのですから。
 不安はなくなるかもしれませんが、心は決して穏やかではなくなるでしょう。

 もう一つ考えてみたいのは、不安の影には後悔があるのではないかということです。つまり、もし、今ここで決めたことが(決めなかったことが)将来、まずいことになったらどうしようかと思うから不安なのではないかということです。将来後悔したくないと思うあまり、今の選択がこれでよいのか、他にできることはないのか、やらない方がよいことはないのかと気になってしまう。これが不安の元になるのではないでしょうか。
 だとすればできそうなことは一つ。後悔しないような選択をすることです。
 とはいっても先に検討したように将来のことは分かりません。だから誤った選択をすることは避けられません。
 ではどうするのか? 「あぁ、あの時こうすればよかった」と思わないようにすればよいのです。そのためにはその時点で納得できる判断をしておことです。納得できる判断といっても情報が潤沢にあるわけではありません。分からないなりに決めるしかありません。それでも自分の選択に納得できるようにしておこうとするならば、自分なりの判断根拠を持つことです。
 キャリア上の判断根拠が内的キャリアです。自分の内的キャリアが分かり、それによって判断したのであれば、「まぁあの時は精一杯考えてこうしたのだから仕方がないや」と思えるのではないでしょうか?

 とはいえ、それほど簡単なことではなさそうです。
 なぜなら内的キャリアは変わることがありますし、そうはいっても隣の人をみたときに、うらやましく思ってしまう気持ちは抑えられないからです。でも、きっとそれは不安なのではなく、そのときに感じる後悔でしょう。これだけは過去のものですから取り返すことはできません。
 ただ、もう一つのすくいはキャリア開発はいつでも、どこでも、誰でもやり直すことができるものだという点です。過去に立ち戻ることはできませんが、今からでも方向修正すればよいのです。

 個人が考えるわけに戻る