家庭でのキャリア開発に役立ちそうな関連情報

家庭でのキャリア開発は働くことと生きることの視点で
 家庭でのキャリア開発に役立ちそうなホームページをまとめました。
 仕事の選び方といった観点ではなく、働き方や生き方についても示唆が得られるようなものを選ぶようにしています。
 ご参考になれば幸いです。

低年齢の子どもに関連するHP

☆ 赤ちゃんから小学生、中学生が主な対象になるかと思いますが、夏になると高校生からの質問に答える掲示板が登場したりします。ここにでてくる質問は、渋谷の街中においた端末から高校生が匿名で送ってくるものです。読むと「逃げずにこたえなくちゃ」と思うものも多いです。
   チャイルド・リサーチ・ネット  http://www.crn.or.jp/ 

中学、高校生の子どもに関連するHP
☆ リクルート社の発行する「キャリア・ガイダンス」という季刊誌のホームページです。
 学校でのキャリア教育を事例を含めて取り上げています。
 メールマガジンも発行しています。
   キャリアガイダンス.ネット  http://www.recruit.co.jp/shingaku/career-g/ 

☆ ベネッセ・コーポレーションの教育研究機関であるベネッセ教育総研のHPです。
 先のチャイルド・リサーチ・ネットとの関連HPでもあります。
 小学校から大学までの教育課題の解決に向けた調査・研究、情報提供を行う機関で、調査・研究の結果や全国の学校で取り組まれている先進的な活動実践や行政施策などを紹介しています。
    ベネッセ教育総研 ON LINE  http://www.view21.jp/index.html 

キャリア教育に関わる情報
☆ 「キャリア教育の推進に関する総合的調査研究協力者会議報告書 〜児童生徒一人一人の勤労観,職業観を育てるために〜」
 2002年から2004年にかけて、文部科学省初等中等教育局が設置した委員会です。
 主査は渡辺三枝子筑波大学教授 副主査は鹿嶋研之助千葉商科大学助教授。
 初等中等教育における「キャリア教育」を推進していくための基本的な方向等について総合的に検討することが目的。学校や教育関係者などにおける「キャリア教育」推進の指針となる提言。
 ということは、今後はこの線に沿って施策が展開されるということ?

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/023/toushin/04012801/002.htm